鉄道投稿情報局

【JR東】D51 498に集煙装置と切取デフ装着

2010.04.30
増永祐一(神奈川県)
2010_04_29_watanuki_katsuya001.jpg集煙装置と後藤工場式に準じたデフを装備し重装備となった。
‘10.4.29 信越本線 安中―磯部 P:綿貫勝也

2010_04_29_masunaga_yuichi001.jpg新スタイルで信越本線を駆け抜けるD51 498。しかし、あいにくの雨…。
‘10.4.29 信越本線 松田―西松井田 P:増永祐一

2010_04_29_masunaga_yuichi002.jpgD51 498を斜め横から。やはりデフが変わると同機の印象自体も変わる。
‘10.4.29 信越本線 横川 P:増永祐一

2010_04_29_masunaga_yuichi003.jpg〈EL碓氷〉のヘッドマークを掲出して高崎へ向かうEF60 19。
‘10.4.29 信越本線 横川―西松井田 P:増永祐一

2010_04_29_kikuchi_ryo005.jpg12系客車を切り離し、高崎車両センター高崎支所に入区する。
‘10.4.29  高崎車両センター高崎支所付近 P:菊池 遼
 4月24・25・29日の計3日間、信越本線の高崎―横川間で快速〈SL碓氷〉、〈EL碓氷〉が運転されたが、最終日の29日には〈SL碓氷〉の牽引機であるD51 498の姿に変化が見られた。
 これは、運転直前の28日夜に「鉄道ホビダス」の『編集長敬白』でも告知されているが、同機の煙突部分には集煙装置が、デフレクターは旧国鉄後藤工場(現:後藤総合車両所)式切取デフの”G-3″がそれぞれ取り付けられ、同機のイメージが変わっている。
 今後、同機は5月1~5日に高崎―水上間で運転される〈SLみなかみ〉や、5月29・30・6月5・6日に甲府→小淵沢間で運転される〈SLやまなし〉において、この集煙装置ならびに切取デフ付きの姿で運転される予定。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加