鉄道投稿情報局

【JR東】京葉車両センター201系分割編成に小変化

201系 2009.03.30
岩片浩一(千葉県)
2009_03_28_iwakata_koichi001.jpg
PS35C形パンタグラフに換装されたケヨK3+53編成。
‘09.3.28 京葉線 市川塩浜 P:岩片浩一

2009_03_28_iwakata_koichi002.jpg
パンタグラフが交換され、やや印象が変わったモハ201-227。
‘09.3.28 京葉線 蘇我 P:岩片浩一

2009_03_28_tanaka_yu001.jpg
シングルアームパンタに交換されたK3編成が東金線の線内運用に就く。
‘09.3.28 東金線 東金 P:田中 友
 京葉車両センター所属の201系分割編成にパンタグラフを交換した編成が登場している。
 3月26日にはケヨK2+52編成、さらに28日にはケヨK3+53編成のパンタグラフ交換が確認されており、他の2編成に対しても順次行なわれていくものと思われる。
 なお201系京葉車両センター所属車では、かつてケヨ71編成やケヨ72編成でもパンタグラフの交換が行なわれたが、その際に狭小トンネル通過対応を示す◆マークが車番の脇に記載されていなかった。今回パンタグラフを交換した2編成も◆マークの記載が省略されており、今後の動向に注目したいところ。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加