鉄道投稿情報局

京成電鉄「成田山開運号」2022年も運転

大手私鉄 2022.01.12

徳丸大樹(千葉県)

AE形のウインドブルーの車体にヘッドマークがよく映える!

‘22.1.8 京成電鉄本線 京成佐倉~大佐倉

 2022年1月の土日祝日限定で、京成電鉄のAE形による「シティライナー(成田山開運号)」が、京成上野~京成成田間(京成本線経由)で運転されている。今年はAE8編成が使用され、前面には「成田山開運号 令和4年」と記された、歌舞伎の隈取をモチーフにしたヘッドマークが表記されている。

編集部追記】歌舞伎をイメージさせるヘッドマークは、成田山新勝寺と歌舞伎の市川宗家との縁の深さから来ている。初代團十郎の父親が現在の成田市出身で、代々成田山不動明王を十八番として、「成田屋」とも呼ばれていることは歌舞伎ファンならご存じの通り。

関連記事
京成は終夜運転実施…! 年末年始の臨時ダイヤ

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加