鉄道投稿情報局

宗谷本線に複線形DE15が入線

JR北海道 2022.01.12

佐々木裕治(北海道)

単線区間で運用される複線形ラッセル車。機関車本体がノロッコ色となるDE15 1534である。

‘22.1.9 宗谷本線 和寒~剣淵

 宗谷線の定期排雪列車は通常DE15単線形ラッセル車が運用されるているが、2022年1月9日の雪351列車、翌朝1月10日の雪352レに複線形ラッセル車が運用された。単線形ラッセル車のやりくりができなかったものと思われる。複線形ラッセル車が入線するのは、今シーズン2回目だ。

編集部追記】DE15形は機関車本体とラッセルヘッドが分離できる構造にはなっているが、ラッセルヘッドにも機番は振られており、その組み合わせは固定されている。今回宗谷本線で運転されたDE15 1534は機関車とラッセルヘッドの塗色が異なっているが、降雪期以外の時期に機関車本体だけで「ノロッコ号」牽引に当たることから、そちらだけ観光列車らしい塗色としたもの。なお、複線形ラッセル車は進行方向左側に排雪、単線形ラッセル車は両側に排雪するという違いがある。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加