鉄道投稿情報局

京都鉄道博物館でSL頭出し展示を実施

博物館 2021.01.04

服部ひろみ(京都府)

今年は本線機C57-1、D51-200を含む動態保存機5機も頭出しに参加、日章旗を掲げた。

’21.1.2 京都鉄道博物館

 京都鉄道博物館で、新春恒例のSL頭出し展示・日章旗掲出が11日まで行われている。今年は動態保存機2機が梅小路運転区に帰区しており、動態保存機エリアでも展示が行われた。3番庫から、D51-200、C62-2、C56-160、C57-1、義経号が頭出し、日章旗も掲出された。
 なお、3番庫から20番庫まで18両のSLが展示されるのは梅小路蒸気機関車館時代を含め初めてと思われ、圧巻の光景となった。
 頭出し展示は1月11日(日)まで、日章旗掲出は1月7日(木)まで開催されている。ただし動態保存機の展示は1月2日、3日の2日間のみとなった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加