鉄道投稿情報局

快速「マリンライナー」5000系M1編成が運用に復帰

JR四国 2022.07.30

植松 繁(香川県)

JR西日本所有の223系5000番代付属編成2ユニットを連ねた7両編成で一路岡山をめざす快速「マリンライナー」M1編成。

‘22.7.28 予讃線 国分~讃岐府中

 2022年7月21日に多度津工場での検査を終えたJR四国・快速「マリンライナー」M1編成(5001-5201-5101)が、本線での運用に復帰している。高松寄りの2階建て先頭車5000形には、このM1編成の5001号にのみ電気連結器が装備されており、外観上の区別も付きやすい。

 また、入場前に戸袋部分に貼られていた特急やくも・しおかぜ・南風運行開始50周年ステッカーも存置されている。台車をはじめ車輪、床下機器もグレー塗装され、しばらくは美しい姿で活躍しそうだ。

関連記事
【JR四国】「マリンライナー」用5000系M1編成が多度津工場へ入場回送

185系

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加