鉄道投稿情報局

キハ110系レトロラッピング車で、臨時快速「花めぐり号」運転

JR東日本 2022.04.15

片平宏之(宮城県)

快晴の空の下、有名撮影ポイントとして知られている場牛沼付近を2両編成の特別列車が行く(写真は往路の9570D)。

‘22.4.10 東北本線 白石~越河

 2022年4月2・3・9・10日の4日間、 JR東日本の仙台支社では、小牛田運輸区所属のレトロラッピング車・キハ111-3+キハ112-3を使用した臨時快速列車「花めぐり号」を、東北本線の仙台~福島間で1往復(9570D~9571D)運転した。同列車は全日とも全車指定席で運行。また、小牛田運輸区所属の気動車が、毎年春(4月頃)に同区間を走行する臨時列車に充当されるのは今回が初めてのことだ。編成は福島寄りからキハ112-3+キハ111-3の順に組成されていた。

【編集部追記】この茶色いレトロラッピングは、鉄道150周年を記念し、「150年前の客車」をイメージしてデザインされたもの。

関連記事
鉄道150周年記念! キハ110系にレトロラッピング!

185系

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加