鉄道投稿情報局

小湊鐵道 キハ200形201に就役「60周年記念」のヘッドマーク

その他私鉄 2022.01.12

髙木喜一(宮崎県)

小湊鉄道キハ200形に60周記念のヘッドマークが取り付けられた。

‘22.1.2 小湊鐵道 上総久保~高滝

 小湊鉄道キハ200形201号に、就役60周年記念のヘッドマークが掲載されている(厳密には、昨2021年が60周年)。

編集部追記】小湊鐵道キハ200形は、同社のそれまでの雑多な気動車群を統一・近代化するために1961年から導入が始まった自社発注車。国鉄キハ20形を設計のベースとしつつ、前灯をオデコ左右に振り分けたシールドビームとするなど、私鉄らしいアレンジも加えられている。また、キハ20形のセミクロスシートに対し、キハ200形はオールロングシートで、扉間の窓数もキハ20形の5枚に対して6枚、さらに便所も持たない。1977年までに全14両が製造されたが、このうち1961年に登場したのは201・202の2両である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加