鉄道投稿情報局

W7系W13編成の1~6号車が金沢港に陸揚げ

JR西日本 2021.11.17

宮島昌之(石川県)

W13編成陸揚げの「大トリ」は、夕陽に照らされた1号車(W723-113)。

‘21.11.16 石川県金沢市 金沢港クルーズターミナル(ターミナル横の公園より撮影)

 2019年秋の台風19号で被災した車両の代替え編成の2本目で、日立製作所笠戸事業所で製造されたW7系W13編成のうち、1~6号車の6両が海路により貨物船3隻(1隻に2両ずつ)で輸送され、2021年11月16日に金沢港で陸揚げ作業が行われた。
 今後、所属基地の白山総合車両所へ向け随時陸送されるものと思われる。

 なお、同編成の7号車~12号車(グランクラス)は、既報の通り11月14日に金沢港に陸揚げされていて、14日深夜(15日未明)と15日深夜(16日未明)の2回に分け、3両ずつ白山総合車両所へ陸送された模様である。

関連記事
🔶W7系W13編成が完成、7~12号車が金沢港に陸揚げ

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加