鉄道投稿情報局

札幌市電「M101号」が引退

その他私鉄 2021.11.04

武田雄太(北海道)

秋の陽光を浴びて、元親子電車の親「M101号」がススキノ交差点を行く。子であるTc車は札幌市交通資料館で静態保存されている。

‘21.10.24 札幌市交通局市電一条・山鼻軌道線 狸小路~すすきの

 2021年6月に、10月末日での引退が報じられた札幌市電「M101号」だが、予定通り10月31日にラストランを迎えた。運転最終日前日の10月30日午後に西4丁目停留所手前で乗用車と同車が接触する事故があり、最終日31日の運行が危ぶまれたが、この事故の報道で多くの市民がM101号の引退を知ることとなり、31日午後から営業運行に就いたM101号を記録しようとする大勢の市民やレイル・ファンで沿線は賑わいを見せ、最終運行の模様は地元メディアでも報じられた。

185系

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加