鉄道投稿情報局

運行開始7周年を迎える「伊予灘ものがたり」

JR四国 2021.07.20

植松 繁(香川県)

食事の内容によって4コースが用意されているが、この日は大雨で上灘で運転打ち切りになった伊予灘ものがたりの「双海編」。

’21.7.18 予讃線 上灘

ラストランイヤーのオリジナルヘッドマークが掲載された。

’21.7.18 予讃線 五郎~若宮信号場 P:松崎大輔 

  JR四国の観光列車のトップバッター「伊予灘ものがたり」が、2021年7月26日に運行開始7周年を迎える。車両の老朽化にともない2022年春からキハ185系への置き換えが決まっており、キハ40系での「ラストランイヤー」特別企画が続々と展開されている。12月27日のラストランに向けて7月18日大洲編からオリジナルヘッドマークも掲出されている。また、車内では愛媛特産のみかんジュースでの乾杯も行われた。本来ならば、「双海編」は松山到着時に記念式典が行われる予定だったが、大雨のために上灘で運転打ち切りになってしまった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加