鉄道投稿情報局

天理臨をNS49編成「スナぞら」で運転

大手私鉄 2021.05.27

中の知則(奈良県)※編集部加筆

「スナックカー」の塗装に「あおぞらⅡ」のヘッドマークを掲出した天理行きの12200系NS49編成。

’21.5.26 近畿日本鉄道天理線 二階堂~前栽

 近鉄では2021年2月に定期運行の終了した12200系の一部を団体臨時列車専用の15200系「あおぞらⅡ」の置き換えに充当している。もともと15200系自体が12200系の改造車であり、同じ成り立ちの車両で置き換えを進めていることになる。改造内容としては白+スカイブルーという塗装への変更がメイン。初期の改造車は前面幕部を廃止して運転台窓下にロゴマークを入れていたが、近年の改造車は前面幕を残しヘッドマークとして活用している。

 この中の変わり種がNS49編成(モ12249+サ12130+モ12129+ク12349)で、塗装変更・形式変更を行わずにヘッドマーク部に「あおぞらⅡ」と掲出しただけの状態で団体臨時運用に就いており、ファンの間で「スナぞら」(スナックカー+あおぞら から)と呼ばれている。

 2021年5月26日にはこのNS49編成が天理教の月次祭の団体臨時列車で、五十鈴川~天理間を1往復運転した。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加