鉄道投稿情報局

521系0番代J22編成+J23編成が落成し公式試運転

JR西日本 2021.04.01

宮島昌之(石川県)

金沢駅に到着した521系0番代J22編成+J23編成。青帯にフルカラーLED表示という仕様で登場。

’21.3.31 北陸本線 金沢

 JR西日本521系0番代のJ22編成(クモハ521-57+クハ520-57)とJ23編成(クモハ521-58+クハ520-58)が川崎重工業兵庫工場にて製造され、2021年3月31日に出場した。出場当日は、兵庫~神戸貨物間でJR貨物岡山機関区所属のDE10 1743の牽引により甲種輸送され、鷹取(神戸貨物と隣接)~金沢間では湖西線を経由し、自走で公式試運転が行われた。
 これまでの521系0番代と比較すると、車両前面や側面にある種別と行先の表示器にフルカラーLEDが採用されている点が異なる。また所属標記は金沢総合車両所を表す「金サワ」と記されていた。
 なお、521系0番代の新造は、近畿車輛にて製造され2015年2月6日に出場したJ20編成+J21編成以来約6年ぶりとなる。ただし、この編成はJR西日本が一旦受け入れたものの、その後第3セクターのIRいしかわ鉄道へ引き渡され、同社IR04・05編成となっている。

■関連記事
🔶【JR西】新造521系J20・J21編成 近畿車輌出場

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加