鉄道投稿情報局

えちごトキめき鉄道「えちご押上ひすい海岸駅」開業

その他私鉄 2021.03.23

宮島昌之(石川県)

ホームは踏切をはさんで設けられた千鳥式。写真は下り線ホームから上り線ホームと待合室を撮影したもの。

’21.3.21 えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン えちご押上ひすい海岸

 えちごトキめき鉄道では、2021年3月13日のダイヤ改正に合わせて日本海ひすいライン(市振~直江津、元北陸本線)の糸魚川~梶屋敷間に、新駅「えちご押上ひすい海岸(えちごおしあげひすいかいがん)駅」を開業させた。日本海ひすいラインとしては初の新駅で、新潟県糸魚川市内では1986年に大糸線の姫川駅が開業して以来35年ぶりとなる。

 駅の構造は相対式の2面2線(踏切を挟んだ千鳥式)の無人駅で、待合室や手洗い、駐輪場は上り線側(糸魚川・泊方面)に設けられている。また、各ホームへはスロープが設けられ、車いすでの利用などバリアフリーに対応しているほか、下り線側(直江津方面)ホームにも折りたたみ式の椅子が設けられている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加