鉄道投稿情報局

キハ40 2084が検査を終え水色塗装で出場

JR西日本 2021.03.08

宮島昌之(石川県)

外装が目を引く水色となって高岡へ戻るキハ40 2084。

’21.3.5 IRいしかわ鉄道 東金沢~森本

 JR西日本金沢総合車両所富山支所所属で、主に氷見線や城端線で活躍しているキハ40 2084が、後藤総合車両所での検査を終え出場、2021年3月3日から5日にかけ、米子~高岡間を小浜線経由で回送された。足回りや床下機器の状態から全般検査を受けたものと思われ、外装は従来の首都圏色(朱色)から明るい水色の塗装に塗り替えられている。
 地元新聞報道では、「城端・氷見線活性化推進協議会」が年度内を目標に新しいデザインの「忍者ハットリくん列車」の導入を計画していると報じられており、このキハ40 2084が関連があるのか、今後の動向が注目される。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加