鉄道投稿情報局

【JR西】岡山支社管内 花火大会開催に伴う臨時列車の話題

JR西日本 2019.07.29
礒本 尚(広島県)

20190729100135-8eef086100f529d848624f31736d5c3a6f7e88bf.jpg
定期運用には無い113系同士の併結運転。
‘19.7.27 山陽本線 備後赤坂

 7月27日、「おのみち住吉花火まつり及び笠岡港まつり花火大会」開催に伴う臨時列車が山陽本線で運転された。この中で113系8両編成での運転が岡山〜三原間で上下合わせて8本設定され、岡山電車区所属のB-15編成とB-13編成が充当された。また、115系も笠岡〜糸崎間下り1本のみ8両編成での運転があり、岡山電車区で予備車として留置されていた下関総合車両所所属のL-17編成とL-16編成が充当された。
 現在、岡山支社管内で8両編成での定期運用がある国鉄型は117系のみで、それ以外の形式での実現は珍しいものと思われる。このほか、下関総合車両所広島支所所属の227系が、福山〜糸崎間で1往復のみ8両編成で運転されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加