鉄道投稿情報局

【JR東+JR貨】GV-E400系3輌 甲種輸送

JR東日本JR貨物 2019.05.17
宮島昌之(石川県)

20190517204330-c74bbb1020cb361e54c0aee120ed77c5c2bbbba7.jpg
“銀釜”の牽引で新潟に向かうGV-E400系。
‘19.5.15 東海道本線 南彦根―彦根 P:横田篤史

20190517204425-7102ff763c14899bc04ccac9488d98e2a0198403.jpg
量産が始まった新潟地区向けのGV-E400系。
‘19.5.15 東海道本線 南彦根―彦根 P:横田篤史

20190517203928-c7c42d93997c116fb98379e0e71a411c7d9a7f69.jpg
今回落成したのは、写真左側(編成後方)よりGV-E400-2+GV-E402-2+GV-E401-2。
‘19.5.15 金沢貨物ターミナル(IRいしかわ鉄道東金沢駅より撮影)
 P:宮島昌之

 JR東日本で導入が進められている新型電気式気動車GV-E400系が川崎重工業で3輌製造され出場、5月15日から16日にかけて兵庫~新津間で甲種輸送された。兵庫~吹田貨物間は岡山機関区所属のDE10 1561が、吹田貨物~南長岡間は富山機関区所属のEF510-510が、南長岡~新津間は東新潟機関区所属のDE10 1539がそれぞれ牽引した。また、吹田貨物~南長岡間では控車としてヨ8794が併結された。

 今回落成したのはGV-E401-2+GV-E402-2(片運転台2輌編成)とGV-E400-2(両運転台)で、新潟地区(新津運輸区)に投入されるものと予測され、昨年1月の量産先行車に続き、初の量産車であると思われる。

●参考記事:【JR貨+JR東】GV-E400系 甲種輸送が行われる

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加