鉄道投稿情報局

【JR貨+東急】2020系2129編成 総合車両製作所新津事業所で落成

JR貨物大手私鉄 2019.03.28
田部井毅大(東京都)

20190328202412-29e8e4f1cafa3485e541990cf19355a863c52483.jpg
最初で最後であろう、東新潟への入線。
‘19.3.25 信越本線 越後石山 P:鷲澤拓弥

20190329203945-c34972383b79028f026d8ef142e416d2b8c436d2.jpg
八王子で一泊中の東急2129編成が、長津田に向けを待つ。
‘19.3.26 横浜線 八王子 P:田部井毅大

 3月25日~27日、総合車両製作所新津事業所にて製作されていた東急電鉄2020系2129編成(10輌)の甲種輸送が新津~長津田間で実施された。新津~八王子間は10輌、八王子~長津田間は6輌と4輌とに分割のうえ輸送された。牽引機は、新津~新潟貨物ターミナル間を東新潟機関区所属のDE10 3505が、新潟貨物(タ)~高崎(操)間を高崎機関区所属のEH200-18が、高崎(操)~八王子間を新鶴見機関区所属のEF65 2093が、そして八王子~長津田間は新鶴見機関区所属のDE10 1749がそれぞれ担当した。なお、同形式の納入は今回で9編成目となる。

 東京急行電鉄の2018年度鉄道事業設備投資計画における2020系の6編成増備は、6月に長津田検車区に輸送された2124編成・2125編成、10月の2126編成・2127編成、今回の2128編成・2129編成をもって完了した。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加