鉄道投稿情報局

【山陽】「日本酒のふるさと播磨」ヘッドマーク掲出

大手私鉄 2019.02.18
廣村典彦(兵庫県)

20190218183430-5e7115e69c14d5324e0b099beda6c5e5c0674f2d.jpg
5000系では5014号に取り付け。
‘19.2.17 山陽電気鉄道 本線 飾磨―妻鹿

20190218183521-21aaa0419315852fbed880ebe00a2a63a432f041.jpg
3000系では3018号編成に取り付け。3000系にヘッドマークが付くのは珍しい。
‘19.2.17 山陽電気鉄道 本線 東二見

 山陽電気鉄道では、2月15日より3000系と5000系の一部に「日本酒のふるさと播磨」のヘッドマークを掲出している。該当車は5000系5014号編成と3000系3018号編成。デザインは2種類あり、山陽姫路側が文字のみ、西代側が文字とイラストとなっている。

 ちなみに、播磨とは兵庫県南西部を指し、最高級の酒米「山田錦」誕生の地で、麹を使った酒造りとしては日本最古といわれる、酒造りが盛んな地域である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加