鉄道投稿情報局

【のと鉄道】”クリスマス列車”運転

その他私鉄 2016.12.06
宮島昌之(石川県)

20161206154508-85cfd27fc1380fc4902997e24409546fab1988ae.jpg

定期普通列車でも随時運用される。(写真は142D。NT211「永井豪キャラクター」ラッピング車輌と併結。)
‘16.12.4 のと鉄道七尾線 能登中島

20161206152931-b3740d216d3d81a624753bef69b2c79bc2b15219.jpg

クリスマスツリーの他、くつ下やリボン、モールなどで飾られた車内。
‘16.12.4 のと鉄道七尾線 能登中島

 のと鉄道では、12月2日よりこの時季恒例の”クリスマス列車”の運転を始めた。車輌は昨年までNT213(「のとりあーな」ラッピング)を使用していたが、今年はNT212(「和倉温泉合資会社」PRラッピング)が使用されている。

 車内には、クリスマスツリーや、LEDによる天井イルミネーション、モールやリースなどの装飾が施されている。12月25日までの運行予定で、定期普通列車に逐次運用されるほか、12月3日発行の北國新聞記事によると、今年も地元の園児を招待しての団臨〈サンタ列車〉の運行が予定されている。

 また、能登鹿島―穴水間にある乙ケ崎トンネル内の「トンネルイルミネーション」は、11月30日からクリスマス仕様に模様替えしている。点灯時間は10:00から16:30となっており、”クリスマス列車”と合わせてクリスマスムードをさらに盛り上げている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加