鉄道投稿情報局

【JR海】〈東海道トレイン家康号〉運転

JR東海 2015.12.28
大谷真弘(静岡県)
20151228184556-65668b85b3c5bc95607e45c5591aa3afb01f4c35.jpg

10月にデビュー20周年を迎えた373系、今年は多くの臨時列車に充当され華やかな1年となった。
‘15.12.26 東海道本線 菊川―掛川
 12月26日、「徳川家康公顕彰四百年祭」と連携した臨時急行〈東海道トレイン家康号〉が、静岡車両区の373系3連×2本(6輌)を用いて静岡→岡崎間で運転された。車輌は岡崎方よりF1+F8編成が用いられ、特製のヘッドマークが掲出された。これは、家康公薨去四百年の今年、季節毎に行われたイベントの第4弾となる「冬の陣」で、愛知県岡崎市開催された「家康公生誕祭」の最終日に合わせて運行されたものである。JR東海によれば、家康公ゆかりの地、静岡県の静岡市および浜松市、愛知県岡崎市などと連携し、車内や駅ではさまざまなおもてなしが用意された模様である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加