鉄道投稿情報局

【JR東】ゴールデンウィーク189系臨時特急の話題

JR東日本 2015.05.07
近藤規夫(神奈川県)
20150507170606-30fdf60bc1db50a067257eba1dd4c4e4fb63dd38.jpg

〈ASAMA〉ロゴ復活後、初の〈あずさ〉充当となった。
‘15.5.2 中央本線 西八王子―高尾 P:近藤規夫

20150507171835-8497cab1b48ef8e01adcd7fbade6a97d4125539c.jpg
旧あずさ色189系M50編成豊田車による特急〈あずさ79号〉。
‘15.5.2 中央本線 長坂―小淵沢 P:鵜飼輝之

20150507211750-79680023f2cfc4ec03d244d8f264fc7427676407.jpg
臨時〈かいじ186号〉に豊田車両センター所属189系M52編成が充当された。
‘15.5.3 中央本線 笹子―初狩 P:高島 大
 5月2日から6日のゴールデンウィーク期間中に、189系豊田車と長野車を用いた臨時特急が計11列車運行された。特に2日には、〈あずさ〉、〈かいじ〉の上りと下り、合わせて5列車が運行された。

 注目される列車として、2日の〈あずさ81号〉には長野車189系N102編成が用いられた。同編成は、2月に先頭車への〈ASAMA〉ロゴが復活してから初めての〈あずさ〉充当となった。また、3日の〈かいじ186号〉および4~6日の〈かいじ180号〉には豊田車M52編成が用いられた。こちらは昨年12月に現塗色(グレードアップあずさ色)となってから初の〈かいじ〉充当であった。

 183・189系長野車は、N103およびN104編成が運用を離脱した模様で、N101編成もさよなら運転が発表されているなど今後の展望は厳しく、今回の臨時〈あずさ〉充当は貴重なシーンとなりそうだ。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加