鉄道投稿情報局

【JR東】キハ110系2輌が元八高線キハ38形風塗色に変更され出場

JR東日本 2014.10.08
中村 聡(東京都)
2014_10_06_nakamura_satoshi001.jpg

日没後の東北本線を上るキハ38形カラーのキハ110系。
‘14.10.6 東北本線 久田野―白河

2014_10_07_nakamura_satoshi001.jpg
小山で一夜を過ごし、翌朝の両毛線を行く。
‘14.10.7 両毛線 大平下―岩舟
 8月末に郡山総合車両センターへ入場していた高崎車両センター高崎支所所属のキハ110系2輌(高崎方からキハ112-204+キハ111-204)が出場し、10月6日から7日にかけて、郡山~高崎間で配給輸送された。八高線80周年記念イベントの一環として、かつて八高線で活躍していたキハ38形風の塗色に変更されての出場となった。牽引機は郡山~黒磯間が仙台車両センター所属のED75 757、黒磯~小山~高崎間は高崎車両センター高崎支所所属のEF65 501であった。なお、本来は6日のうちに高崎に到着する予定であったが、台風の影響で大幅に遅延しての運転となった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加