鉄道投稿情報局

【JR西】北陸新幹線W7系W1編成初めての構内試運転

JR西日本 2014.05.01
宮島昌之(石川県)
2014_04_30_miyajima_masayuki001.jpg

12輌フル編成で走行と停車を繰り返しながら試験が行われた。
‘14.4.30 白山総合車両所
 来年春の金沢開業が迫る北陸新幹線で使用されるJR西日本の新型車輌、W7系W1編成の構内試運転が、4月30日に白山総合車両所にて行われた。この日はブレーキやモーターなどの性能、乗降ドアの開閉状況などを確かめるのが目的とみられ、昼過ぎに検修庫から姿を見せたW1編成は、1~2輌間隔でゆっくり走行と停車を繰り返しながら、着発収容線庫と総合試験車庫の間の線路に入線、さらに新松任変電所横にある試運転線の車止め付近まで進み、折り返した。今後も整備や構内試運転を繰り返したのち、今夏以降に予定されている本線試運転に備えるものと思われる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加