鉄道投稿情報局

【JR貨+南海】南海電鉄8000系甲種輸送

JR貨物大手私鉄 2014.03.06
大谷真弘(静岡県)
2014_03_04_itou_taisyou001.jpg

今年度もまた南海に新車が導入される。
‘14.3.4 横須賀線 鎌倉―逗子 P:伊藤大翔

2014_03_04_kitamura_takumi001.jpg
EF65に牽引され、和歌山市を目指す南海8000系。
‘14.3.4 横須賀線 新川崎 P:北村拓巳

2014_03_05_ootani_masahiro001.jpg
雨の中、南海電鉄8000系4輌×2本が甲種輸送された。
‘14.3.5 東海道本線 菊川―掛川 P:大谷真弘
 3月4日から3月6日にかけて、総合車両製作所で新製された南海電鉄8000系4輌×2本(8010+8011編成)が逗子~和歌山市間で甲種輸送された。牽引機は、逗子~新鶴見(信)間が新鶴見機関区川崎派出のDE10 1556、新鶴見(信)~横浜羽沢間が新鶴見機関区EF65 2095、横浜羽沢からは新鶴見機関区EF65 2092がそれぞれ牽引した。なお、編成は機関車次位から8011、8861、8811、8111、8010、8810、8860、8110であった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加