鉄道投稿情報局

【JR東】〈あけぼの〉用24系客車尾久まで回送

2009.03.23
細外里人(東京都)
2009_03_21_hosogai_rijin001.jpg
“カンバン”に頼らない確かな風格。
‘09.3.21 東北本線 赤羽―尾久 P:細外里人

2009_03_21_terao_ryo001.jpg
回送扱いのため、ヘッドマークの掲出はない。
‘09.3.21 高崎線 熊谷―行田 P:寺尾 涼

2009_03_21_sakai_kenichiro001.jpg
電源車、ヘッドマークなしでEF64 37号機が24系を牽く。
‘09.3.21 高崎線 宮原 P:酒井健一郎
 EF64 37がまたもや話題をもたらせてくれた。
 3月18日青森発予定だった上り〈あけぼの〉号の電源車(カニ)に不具合があり、同列車は全区間において運休の運びとなった。
 しかしながら翌日の下り列車の運転を行なう必要があることから、尾久車両センター所属のカニを借り入れることとなり、カニを尾久で組成すべく青森からカニ抜き編成を上野(尾久)まで回送することになった。
 途中、長岡からは話題沸騰中のEF64 37が充当され、上野(尾久)までの牽引を担当した。
 ヘッドマークこそ取り付けられなかったが、改正後の〈あけぼの〉仕業充当二回目にして珍しいシーンが展開され、沿線の撮影者から歓声が上がった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加