鉄道投稿情報局

旧札沼線の新十津川駅舎を解体

JR北海道 2021.07.20

佐藤直幸(北海道)

旧札沼線の新十津川駅舎が解体されることになった。写真は「壊体祭」後、解体工事着手前に撮影。

’21.7.18 旧 札沼線 新十津川

 2020年4月に最終運行が行われた札沼線の終点・新十津川。同駅の開業は1931年で、現在の駅舎は1953年に完成したものだ。この駅舎は札沼線廃止後も観光案内所などが入居しており、「新十津川駅を勝手に守る会」が清掃を続けていた。

 しかしここにきて新十津川町では駅の周辺を記念公園にすることになり、駅舎は7月20日以降解体工事が始まることになった。それを惜しむ「壊体祭」が7月16日に行われたという。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加