鉄道投稿情報局

ジオパルで「SLくろひめ号」の展示始まる

博物館 2020.10.22

宮島昌之(石川県)

移設展示に際し修復され綺麗な姿になった「SLくろひめ号」

’20.10.18 糸魚川ジオステーション「ジオパル」

 2020年10月14日より産業用では国産最後の蒸気機関車として知られる「SLくろひめ号」こと「東洋活性白土(とうようかっせいはくど)2号機」が修復され、糸魚川ジオステーション「ジオパル」の正面入口で展示を開始した。
 同機は新潟県糸魚川市で産出され石油の精製に使う白土を工場から糸魚川駅まで運ぶため、1956年から1982年まで活躍した蒸気機関車。
 引退後は糸魚川小学校や美山公園(フォッサマグナミュージアム)で静態保存されていたが、このたび福島県の工場で綺麗に修復され、ジオパルへ移設された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加