鉄道投稿情報局

西武9108編成 多摩湖線でワンマン運転を開始

大手私鉄 2020.10.06

中村直樹(埼玉県)

4両化されてワンマン運転対応となった9108編成

’20.10.2 西武鉄道多摩湖線 八坂~武蔵大和

 2020年10月1日より、ワンマン運転対応改造を施された9108編成が多摩湖線で運用を開始した。この9108編成はかつて「二代目L-train」として西武ライオンズの球団色「レジェンドブルー」に塗られた経緯があり、ラッピングこそ剥がされているものの、塗色はそのままで短編成化およびワンマン運転対応改造を受けている。
 なお、9000系は10両8本が製造されたが、現在9101編成・9106編成・9107編成の3本は解体され、9102編成と9105編成の2本はそれぞれ中間車を抜いた4両で武蔵丘車両検修場に入場中となっている。なお、9103編成(RED LUCKY TRAIN)と9104編成の2本は池袋線で運用中である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加