鉄道投稿情報局

【JR貨】【東急】2020系2134編成を甲種輸送

大手私鉄 2020.03.07
瀧井翔一(東京都)

20200307185007-250d96aeb0de6d0c196b657f5e9d180b2e4196c0.jpg
長津田への出発を待つ甲種輸送列車。
‘20.3.4 横浜線 八王子

20200307185145-97ec20045edfaed8c1320e45dbdb7b72a250f2ae.jpg
ドア横のスペース拡大がなされているサハ2434。
‘20.3.4 横浜線 八王子

20200307185242-bf28120b4eca889b448da510b375447cbd537649.jpg
会社名のエンブレムも「TOKYU RAILWAYS」表記。
‘20.3.4 横浜線 八王子

 2020年3月2日~4日にかけて、総合車両製作所新津事業所で製造された東急電鉄2020系2134編成の甲種輸送が行われた。牽引機関車は、新津から新潟貨物ターミナルまでDE10 3507、新潟貨物ターミナルから高崎操車場までEH200-19、高崎操車場から八王子までEF65 2066、八王子から長津田までは3日・4日ともDE10 1662であった。
 今年度の増備車では、4・5・8号車の7人掛け座席が6人掛けとなり、JR西日本323系と同様にドア横のスペース拡大がなされている。田園都市線の混雑緩和対策の一環とみられ、かつて6ドア車を3両連結した時と同様な設置位置となっている。なお、パンタグラフ搭載は3・6・9号車で変わりはない。また2019年9月2日に東京急行電鉄株式会社から東急株式会社になり、さらに鉄軌道事業の分社化で東急電鉄株式会社が同年10月1日に発足したことから、会社名表記が「TOKYU RAILWAYS」表記となっている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加