鉄道投稿情報局

【阪急】8000系8032Fを急行新開地行きの運用に充当

大手私鉄 2020.03.01
小原正裕(兵庫県)

20200301094253-ed48a092360d3a6d945bb84a2aa809aa7e68f0ae.jpg
8032Fの急行新開地行きの運用は非常に珍しい。
‘20.2.24 阪急電鉄神戸本線 大阪梅田

 阪急8000系8032Fが2月24日、大阪梅田23時15分発急行新開地行きの運用に充当された。神戸線の急行は現行ダイヤでは非常に少なく、新開地行きは土休日ダイヤのこの1本しか設定されていない。8032Fは2連のため、神戸線での運用時には神戸方に7000系7017F6連を連結して8連となる。8032Fの急行新開地行きの運用は非常に珍しい。また、8032F、7017Fとも冷房装置の更新や車番の窓上への表示などは今のところ行われていないが、近く施行される可能性が高く、原形に近いスタイルでの同編成の急行運用は今後貴重となりそうだ。神戸線の下り急行は十三、塚口と西宮北口からの新開地間の各駅に停車し、通勤急行停車駅の武庫之荘は通過する。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加