鉄道投稿情報局

【JR四】2600系が8000系の代走に充当

JR四国 2020.01.29
宇田 映(愛媛県)

20200129114313-a3c5fffdcb0f4e83324cc585ef8ed0d67ca13259.jpg
撮影名所の観音寺カーブを行く2600系「モーニングEXP高松」。
‘20.1.29 予讃線 観音寺〜豊浜

 通常松山運転所所属の8000系で運転される予讃線の「ミッドナイトEXP高松」「モーニングEXP高松」だが、1月28日の「ミッドナイトEXP高松」と29日の「モーニングEXP高松」は高松運転所の2600系4連で運転された。
 前日の鬼無駅付近で発生した8000系の踏切事故による一時的な車両不足が原因とみられる。従来、車両不足での代走には高松運転所の2000系が使用されてきたが、2600系が使用されることはおそらく初めてで、また多度津以西での営業運転も珍しいことである。また、写真ではわかりづらいが、専用のマークがLEDで掲示されていたことも特筆すべきであろう。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加