鉄道投稿情報局

【山陽】3000系3066F、普通高砂行きの運用に充当される

その他私鉄 2019.12.03
小原正裕(兵庫県)

20191203183613-580908d50b9e8bd106e9db7b21073bd27dbf6d27.jpg
この編成が高砂行き普通の運用に入るのは珍しい。
‘19.11.24 神戸高速線 新開地

 山陽3000系3050形の3066F4連が新開地23時31分発の高砂行き普通の運用に充当された。高砂行き普通は本数が非常に少なく、現行ダイヤでは平日は1本、土休日は写真の1本だけである。3066Fの姫路方先頭車3638は鋼製車体であるが、神戸方先頭の写真の3066、3067、3538は新工法アルミ車体となっており、3638に合わせて塗装されている。3067は製造メーカーである川崎重工の大型押し出し形材使用の試作アルミ車で、3066とともに日本初採用である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加