鉄道投稿情報局

【JR東】「高崎鉄道ふれあいデー」 2会場で開催

JR東日本JR貨物 2019.05.27
高橋孝一(群馬県)

20190527205130-ff6f7d39ec7465dcafeb1d1d3b475ade709ed9e2.jpg
EF64 37には〈あけぼの〉、EF64 1001には〈出羽〉、EF81 97には〈鳥海〉のヘッドマークが掲出された。
‘19.5.26 高崎車両センター高崎支所・高崎機関区 P:高橋孝一

20190528213350-09a613b7800a1b5477b03ae07b2524bbeb7b4d5c.jpg
展示された車輌のうち、C61 20には〈ゆうづる〉のヘッドマークが装着され、転車台上での展示となった。
‘19.5.26 高崎車両センター高崎支所・高崎機関区 P:片平宏之

 JR東日本高崎支社では、従前は秋頃に開催されていた「高崎鉄道ふれあいデー」を今年は会場を変更し、5月26日に開催した。第1会場となった高崎南部現業事務所および新幹線保守基地では、新幹線保守用車などの展示が行われた。そして第2会場の高崎車両センター高崎支所およびJR貨物高崎機関区では、C61 20・EF64 37・EF64 1001・EF81 97・EH200-901・EH500-901・HD300-901といった人気の機関車や現在も活躍する901号機の展示が行われた。特にC61 20には、寝台特急〈ゆうづる〉のヘッドマークが掲出されて注目を集めていた。

 また、レールスターの乗車体験や高所作業車乗車体験などの体験型メニュー、新幹線変形ロボ「シンカリオン」との記念撮影、駅長・SL車掌こども用制服記念撮影、当日限定の記念弁当や「高崎おかみ弁当」、鉄道グッズの物販など、普段とは違う視点で鉄道にふれあえるイベントが多数用意されていた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加