鉄道投稿情報局

【JR東】〈カシオペア紀行〉長野へ

JR東日本 2019.05.08
久保田健一(神奈川県)

20190508222532-2202b237e3d19771acf0c7ccb72dd7d08a5e8f81.jpg
絶好の天気と背景のなか、国鉄色EF64 37牽引の〈カシオペア紀行〉が長野へ向かう。
‘19.5.4 篠ノ井線 坂北―聖高原 P:山中大輔

20190508222306-1cb65c8fd462f612547cf82a4fa9a21fa57ac10a.jpg
EF64 37に牽引され、美しい姿で長野を目指す〈カシオペア紀行〉。
‘19.5.4 篠ノ井線 稲荷山―篠ノ井 P:久保田健一

20190508222513-298eab496585051dffa7248a8fb00df275322b3b.jpeg
国鉄色のEF64 37と”カシオペア”の贅沢な組み合わせ!
‘19.5.4 篠ノ井線 稲荷山―篠ノ井 P:徳丸大樹

 大手旅行会社クラブツーリズム主催で、「ゴールデンウィーク特別貸切企画 憧れの信州『カシオペア紀行』2日間」と題した団体列車が運転された。お馴染みの”カシオペア”E26系客車をEF64 37が牽引して5月3日の夕刻に上野駅を出発、常磐線~武蔵野線~中央東線~篠ノ井線を走り、北陸新幹線を利用すれば約1時間半で結ぶ距離を〈カシオペア紀行〉では16時間かけて、翌日の8時17分に終点・長野駅に到着した。

 現在は夜行列車に乗ることそのものが非日常的な出来事であるなか、乗客と沿線に見送りに訪れた人たち、大勢の撮影ファンらの間で見られた手を振るシーンは、ひとつの列車を通じた何かを感じる瞬間でもあった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加