鉄道投稿情報局

【JR東+しなの+えちごトキめき】信越線130周年記念運転の話題

JR東日本その他私鉄 2018.10.22
久保田健一(神奈川県)

20181022210621-0fb2b92965fab316bf22e03e39445cdd12d4d71b.jpg
かつて特急〈あさま〉で走り慣れた路を往く。
‘18.10.20 しなの鉄道 御代田―平原 P:加藤孝英

20181022210744-a8df84111ab1fdb15a40df1f3d79163b8d07fdec.jpg
多彩なカラーリングのヘッドマークが記念運行に華を添える。
‘18.10.20 えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 二本木―新井 P:久保田健一

 現在の信越本線~しなの鉄道~えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの軽井沢~長野~関山間が開業してから今年12月で130周年を迎える。先週10月13日の189系N102編成を使用した記念列車の運行に次いで、10月20日には軽井沢~長野~豊野間で189系N102編成による〈信越線130周年記念リバイバル号〉が、さらには、しなの鉄道115系の初代長野色S7編成+湘南色S3編成の6輌編成が豊野~高田~長野~上田間で〈信越線130周年記念リバイバル115系リレー号〉がそれぞれ運行された。

 115系には、しなの鉄道115系復刻カラーをイメージした色鮮やかなヘッドマークを掲出し運行。また、115系のえちごトキめき鉄道への乗り入れと相まって、沿線で開催された越後・謙信SAKEまつりと合わせ、当日は賑わいを見せていた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加