鉄道投稿情報局

【のと鉄道】”のと里山里海号”に特製HM掲出

その他私鉄 2018.07.24
宮島昌之(石川県)

20180725115212-09141c66b11d04172ffaf1abe008134b4d57a2df.jpg

NT301(里山車輌)のHMは「曹洞宗大本山 總持寺祖院」の監院の手による大書き。
‘18.7.20 のと鉄道七尾線 田鶴浜

20180725115232-01352d351ad872c301c6f00f10c30f345d2b6ec6.jpg

NT302(里海車輌、写真左)のHMは「日蓮宗本山金榮山 妙成寺」の貫首の手による大書き。
‘18.7.20 のと鉄道七尾線 笠師保―田鶴浜

 のと鉄道七尾線では、7月2日より能登にある名刹の協力を得て「能登立国1300年」をPRする丸形ヘッドマークを、観光列車”のと里山里海号”(NT300形)に追加で掲出している。 ヘッドマークには毛筆による「能登国」の字が使われ、NT301(里山車輌)には「曹洞宗大本山 總持寺祖院」の監院が、NT302(里海車輌)には「日蓮宗本山金榮山 妙成寺」の貫首がそれぞれ筆を揮った。

 「能登立国1300年」キャンペーンPRは、既報の通りJR七尾線でも6月4日より始めており、過去2011年度の「能登ふるさと博」開催PR以来となるJR七尾線との連携になる。 ヘッドマークの掲出期間は、JR七尾線と同じく来年2019(平成31)年3月末までの予定となっている。


◆関連記事


【JR西】七尾線一部編成でHM掲出

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加