鉄道投稿情報局

【阿武隈急行】全線開業30周年イベント開催

その他私鉄 2018.07.03
片平宏之(宮城県)
20180703145108-98b29e33f5f998b2938653e68daf7e6bda3505ab.jpg

阿武隈急行色から国鉄色へ塗り替えられたクハ416-1。
‘18.7.1 阿武隈急行線 車両基地(イベント会場内にて撮影)

 阿武隈急行では、今年の7月1日に福島~槻木間の全線が開業してから30周年を迎えたことを記念して、梁川駅前と同駅に隣接されている車両基地内で「あぶ急 全線開業30周年 大感謝まつり」が開催された。

 車両基地内では、車両基地体験パークとして一般公開されており、軌陸車・軌道自動車・マルタイ・モーターカーの展示やレールスクーターの体験乗車が行われたほか、鉄道模型ジオラマの展示、オリジナルグッズと30周年記念入場券ならびにA417系の鉄道部品の販売が行われた。

 また、車両基地構内では、同社が所有している8100系の第1編成と第7編成が留置されたほか、同鉄道で2008~2016(平成20~平成28)年まで稼働していたA417系(元JR東日本 仙台車両センター所属の417系K1編成)の先頭車輌1輌が国鉄色のクハ416-1として復元され、注目を集めた。

 当日は梁川駅から車両基地まで、8100系の第9編成(伊達ブルーライナー号)を使用したシャトルトレインが運行された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加