鉄道投稿情報局

【JR西】キハ47 1015 全般検査を終え出場

JR西日本 2018.01.26
宮島昌之(石川県)
20180126125123-6f4ead5d9b65717e2b64c8be73737725909de4d1.jpg

全般検査を終え朱色に塗り替えられたキハ47 1015。
‘18.1.25 北陸本線 金沢

 金沢総合車両所富山支所所属のキハ47 1015が、金沢総合車両所松任本所での全般検査を終えて1月24日に出場し、北陸本線で試運転を行った。 翌25日には同車輌を高岡駅隣接の車庫へ戻す回送列車も運転され、伴車はキハ40 2078が使用された。

 キハ47 1015の外装はこれまで「高岡色」の上から富山県砺波市のPRラッピングを纏う、いわば「隠れ高岡色」車輌だったが、今回の検査を経て朱色に塗り替えられた。これにより同所属のキハ47形のうちラッピング車輌は、唯一キハ47 42(氷見市PRラッピング)の1輌のみとなった。
◆関連記事

【JR西】城端線・氷見線に砺波市PRラッピング車輌登場

【JR西】城端線・氷見線に氷見市PRラッピング車輌登場

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加