鉄道投稿情報局

【JR東】団臨〈水上白門号〉 運転される

JR東日本 2017.09.27
高橋孝一(群馬県)

20170927172616-96a07f6dbb96ab0972fcb1a84f92eebfb7effeff.jpg

渋川駅では、〈さくら〉をイメージした図柄に「白門」の文字を入れたレプリカのヘッドマークが、牽引機であるEF60 19の横に並べられた。
‘17.9.24 上越線 渋川 P:高橋孝一

20170927173117-95f8d7f909d072a30ac65c9645311083d8576ed8.jpg

高崎へプッシュプルで返却回送される12系。
‘17.9.24 高崎線 岡部―本庄 P:藤井浩貴

 9月24日、中央大学鉄道研究会OBの関連組織「TEAM583」が企画した貸切団体臨時列車〈水上白門号〉が、熊谷~水上間で1往復運転された。

 編成は12系客車5輌で、水上方にEF60 19、熊谷方にEF65 501(ともに高崎車両センター高崎支所所属)を連結したプッシュプルであった。ヘッドマークの掲出はなかったが、渋川や水上では、機関車とともにヘッドマークの原寸大レプリカが飾られた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加