鉄道投稿情報局

【JR西】米子支社管内 ラッセル車の話題

JR西日本 2017.02.28
橋本 淳(滋賀県)

20170228152158-f600f8a8dbeb7b20f3d72b0de32e0e56566a11d2.jpg

生憎の天気の中、山陰本線を走行するDE15 2558。
‘17.2.26 山陰本線 揖屋―荒島

20170228152052-8247cfed3ab91820598c3497ce5b02b457ca0b48.jpg

宍道湖を背景に、米子に向けて回送されるDE15 2558。
‘17.2.26 山陰本線 来待―玉造温泉

 積雪に備えて米子支社管内の3ヶ所に配置されているDE15のうち、木次鉄道部に配置されていたDE15 2558(後藤総合車両所所属)が、2月26日に同鉄道部から後藤総合車両所運用検修センターへ回送された。交番検査に伴う回送と思われる。また、同機の1エンド側ラッセルヘッドの前照灯が変形しており、こちらも修理されるものと思われる。

 〈奥出雲おろち号〉牽引機であるDE15 2558が、普段は走行しない山陰本線の宍道~米子間をラッセルヘッドを装着して走行する姿は大変貴重なものと思われる。

 なお、前日の2月25日にはDE15 2558の代わりとして、後藤総合車両所のDE15 2052が同車両所運用検修センターから木次鉄道部に回送されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加