鉄道投稿情報局

【東武】8568編成 昭和30年代の試験塗装色に

大手私鉄 2017.02.21
高橋将貴(茨城県)
20170221135301-0282f4fadcf9ad7205613a967b820bc2c2390efb.jpg

リバイバルカラーを身にまとった8568編成。
‘17.2.14 東武鉄道日光線 新古河―柳生

 東武鉄道8000系8568編成は、2月16日より、かつての試験塗装車輌をイメージしたリバイバルカラーとなって運行されている。

 これは、亀戸線沿線の活性化を目的としたもので、昨年より8577編成に施されている昭和30年代標準色のリバイバル塗装が好評であるため、その第2弾として行われている。今回のリバイバルカラーは、昭和30年代の一時期、4輌のみに実施された試験塗装をイメージしたもので、グリーン色の車体にジャスミンホワイト色の帯が組み合わされている。

 なお、これに先立つ2月14日には、南栗橋~新栃木間にて出場試運転が行われた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加