鉄道投稿情報局

【JR貨+JR九】BEC819系6輌 甲種輸送される

JR九州 2017.02.14
樋上航一(福岡県)
20170214133506-7044c5bbb57a3a0040f8719a9d043f8691a51868.jpg

EF66 115によって甲種輸送されるBEC819系6輌。
‘17.2.13 山陽本線 福川―戸田 P:星出昌宏

 2月13日から14日早朝にかけて、BEC819系”DENCHA”2連×3本の甲種輸送が下松~南福岡間で行われた。牽引機は下松~幡生(操)間がEF66 115(吹田機関区所属)、幡生(操)~北九州貨物ターミナル間がEH500-68(門司機関区所属)、北九州貨物ターミナル~南福岡間がEF81 455(門司機関区所属)であった。

 今回の増備車は、3月のダイヤ改正から筑豊本線若松~折尾間(若松線)での使用車輌をBEC819系に統一するためのものであり、同線で使用中のキハ40・47やキハ31に動きがあるものと推測される。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加