鉄道投稿情報局

【JR貨+JR東】EV-E801系が甲種輸送される

JR東日本JR貨物 2016.12.12
大下秀幸(山口県)
20161212144253-974938a6cac529d042fe0ddf50b470eb53cc64c4.jpg

EF210-108の牽引で出発を待つEV-E801系。
‘16.12.9 山陽本線 下松 P:大下秀幸

20161212144508-ac948032e3a0d9f0d9ec17cc31468ea776c8a202.jpg

鮮やかな赤色の車体が目を引くEV-E801-1。
‘16.12.9 山陽本線 下松 P:大下秀幸

20161212144628-2ddef09d898a98e3dacdef1071ab6ca2e14baa7c.jpg

EV-E800-1の床下には蓄電池と思われるユニットが多数みられる。
‘16.12.9 山陽本線 下松 P:大下秀幸

20161212145557-664df49e6e14ca869a88e27fcc7444b84df46def.jpg

赤いEF510に牽かれて夕暮れの東海道本線を走る。
‘16.12.10 東海道本線 山科 P:横田篤史

 12月9日、JR東日本が男鹿線に導入を予定している新型交流蓄電池電車EV-E801系1編成2輌が、落成した日立製作所笠戸事業所を出場し、同日から11日にかけ、下松から秋田まで甲種輸送された。

 今回出場したのは車体が赤色のEV-E801-1と青色のEV-E800-1で、いずれも「ACCUM」のロゴと秋田の伝統芸能「なまはげ」のイラストが記されていた。

 なお、牽引機は、下松~吹田貨物ターミナル間が吹田機関区のEF210-108、吹田貨物ターミナルからは富山機関区のEF510-7であった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加