鉄道投稿情報局

【JR東+小田急】4000形 大宮総合車両センターへ入場

JR東日本大手私鉄 2016.11.04
近藤規夫(東京都)
20161104135122-e901d667ce92f6583ac35b9fab6093deed87749f.jpg

慣れない区間を、機関車に牽かれ行く。
‘16.11.4 武蔵野線 東川口―東浦和

 11月4日、小田急電鉄4000形4060編成がJRの大宮総合車両センターへ入場するため松戸車両センターから大宮(武蔵野、東北貨物線経由)まで配給輸送された。牽引機は長岡車両センター所属のEF64 1031であった。

 同形が本年3月から乗り入れている常磐緩行線で今後導入が予定されている列車制御システム「CBTC(Communication-Based Train Control system)」に対応させるための改造と思われる。私鉄車輌が、他社への譲渡を伴わないケースでJRの工場へ入場することは極めて異例であり、9月には松戸車両センターで機関車との連結訓練が実施されていた。

 なお、4060編成は11月1日に海老名から松戸車両センターへ臨時回送されていた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加