鉄道投稿情報局

【北大阪急行】「8001 LAST RUN」 ヘッドマーク掲出

その他私鉄 2016.02.24
井上遼一(大阪府)
20160224135533-aab9a0e81ada6acaf171c7793f7d2852de49dca1.jpg

直通運転先の大阪市交通局御堂筋線の高架区間を行く、8001編成。
‘16.2.23 大阪交通局御堂筋線 西中島南方

 北大阪急行電鉄は、8000系8001編成を3月8日に引退させることを発表した。これを記念して、2月22日から同編成に「8001 LAST RUN」と書かれたヘッドマークを掲出して運転している。

 なお、”ポールスター”の愛称をもつ8000系は、1986年7月1日に8001編成が営業運転を開始した。北大阪急行電鉄で初めてVVVFインバーター制御方式を採用した同系は、その優れた性能、仕様、車内装備に高い評価を得て、1987年には鉄道友の会の「ローレル賞」を受賞した。全盛期には合計70輌(10連×7編成)が在籍していたが、9000系”ポールスターII”の登場により、2014年度に8002編成と8004編成が廃車となっている。

 また、これと入れ替わるように9000系の3次車である9003編成が、2月下旬より営業運転を開始する予定となっている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加