鉄道投稿情報局

【JR北+JR貨】733系1000番代B-1003編成とB-1004編成 甲種輸送

JR北海道JR貨物 2015.10.26
井上遼一(大阪府)

20151026172459-0deeaf265946a70f22efe87d729ac9b9746b17c9.jpg

川崎重工兵庫工場を出場し、北海道へ向かう733系1000番代。
‘15.10.23 東海道本線 甲南山手 P:井上遼一


20151026172735-2f17312c479ace02f9fb33cd895c4f19ed2c34cc.jpg

吹田貨物ターミナル~青森信号場間はEF510-511が牽引。
‘15.10.23 東海道本線 南彦根―彦根 P:横田篤史


 川崎重工兵庫工場で落成した733系1000番代B-1003編成とB-1004編成の甲種輸送が、10月23日(金)から10月26日(月)にかけて兵庫~手稲間で行なわれた。牽引機は、兵庫~神戸貨物ターミナル~吹田貨物ターミナル間が岡山機関区所属DE10 1192、吹田貨物ターミナル~青森信号場間が富山機関区所属EF510-511であった。

 なお、JR北海道が2014年11月20日に発表したリリースによれば、733系1000番代の製作は3連×4編成の12輌で、来年(2016年)3月の北海道新幹線開業にあわせて、函館~新函館北斗間の新幹線アクセス用電車〈はこだてライナー〉として営業運転を開始する予定である。今回2編成が輸送されたことで、前回輸送された2編成とあわせて全車出揃ったことになる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加