鉄道投稿情報局

【えちぜん鉄道】新幹線高架橋仮乗り入れ開始

その他私鉄 2015.09.28
宮島昌之(石川県)

20150928202554-6b3f1a6545a4e21f2fd9a279897103a6195dd81c.jpg

新幹線高架橋に設けられた仮設の福井駅ホーム。写真右下は以前の福井駅。
‘15.9.27 えちぜん鉄道 三国芦原線・勝山永平寺線 福井(施設ビルAOSSAにて許可を得て撮影)


20150928202612-2100eb2b43beca238f50a1c4f89b9e07149b8094.jpg

仮設の福井駅に入線する列車。
‘15.9.27 えちぜん鉄道 三国芦原線・勝山永平寺線 福井


20150928202633-8602b9246042169d401f5e4bc12bb31f0c4950d6.jpg

走行中の列車から見た仮設の新福井駅のホーム。
‘15.9.27 えちぜん鉄道 三国芦原線・勝山永平寺線 新福井(走行中の車内より撮影)


20150928202702-21a14917323adebb3e4a598f5c1aa478c6f26a2e.jpg

高架橋から地上へ滑るように進む下り列車。写真左は使われなくなった旧線。
‘15.9.27 えちぜん鉄道 三国芦原線・勝山永平寺線 新福井―福井口(公道より住民にひと声かけて撮影)


 将来の北陸新幹線の延伸や福井駅周辺の道路交通環境の改善などを見据え、福井県は「福井駅付近連続立体交差事業」を順次進めているが、えちぜん鉄道福井駅他の単独高架化工事を進めるための準備段階として、同鉄道を一時的に北陸新幹線の高架橋に仮乗り入れさせることとなり、9月27日より仮線による営業運転を始めた。

 新幹線高架橋上には、仮設の福井と新福井が設けられ、新福井と地上にある福井口間には、一部H型鉄鋼を積み上げて設けた仮橋脚に据え付ける形で、高架橋へ上がるスロープの仮線が単線で設けられた。福井口も北陸本線の高架橋側に移す形で、仮設の駅が設けられている。新幹線の施設を別の鉄道会社が借用するのは、過去に東海道新幹線開業前の高架橋を阪急電鉄の京都本線が使用した例があるが、地方の中小私鉄が借用するケースは初めてと思われる。福井県のリリースによれば、今後の計画では、使わなくなった地上駅や線路を撤去したのち、えちぜん鉄道専用の高架本工事を開始する模様で、約3年後の完成を目指している模様である。

 なお、今回の仮線使用開始に合わせ、同日よりダイヤ改正が実施され、三国芦原線の福井口―西別院間に新しく「まつもと町屋」が開業したほか、勝山永平寺線の福井口―越前開発間の複線区間が単線区間になり、越前開発も1面1線になった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加