鉄道投稿情報局

【JR西+JR九】「特別な”トワイライトエクスプレス”」が大分へ

JR西日本JR九州 2015.07.09
大下秀幸(山口県)

20150709171440-d6982ff29990b6e54476818a35df6099eb799f2a.jpg

黒いDE10の重連で大分へ入線した「特別な”トワイライトエクスプレス”」。
‘15.7.6 日豊本線 立石―中山香 P:大下秀幸


20150709171137-7a0c3196fab63781b632b1a524c4093e35ccc7c8.jpg

側面には大分行きの方向幕が掲出された。
‘15.7.5 東海道本線 西宮―さくら夙川 P:松田信彦


 7月5日から6日にかけ、「特別な”トワイライトエクスプレス”」が大阪→大分間で運転された。これは「大分ディスティネーションキャンペーン」に合わせた団体専用臨時列車で、編成は山陽コースと同様に「ロイヤル」と「スイート」、サロンカー、食堂車、乗務員用車輌、電源車の8輌を使用。牽引機は大阪~下関間はEF65 1135、下関~大分間はDE10 1206と同1209の重連だった。復路は、往路と同じ経路を辿って7月7日から8日にかけて運転され、大分~下関間はDE10 1209と同1756の重連、下関~大阪間はEF65 1135が牽引した。ヘッドマークの掲出はEF65にされたものの、DE10にはされなかった。

 ”トワイライトエクスプレス”の客車が九州に乗り入れるのは、「特別な”トワイライトエクスプレス”」になってからは初めてとなる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加