鉄道投稿情報局

【JR西】415系800番代C01編成と475系A18・A22編成が相次ぎ運用離脱

JR西日本 2015.03.12
宮島昌之(石川県)
20150312190528-ea3798c0aa5cdff5e9970d28d8b7a43cb1a5e0d5.jpg

ダイヤ改正を待つことなく運用を離脱した青単色の475系。
‘15.3.12 金沢総合車両所松任本所(敷地外公道より撮影)

20150312190947-9ef263af080aeba3623db3e4c604a6a646366966.jpg
まさかの七尾線茜色トップナンバーも運用離脱に。
‘15.3.12 金沢総合車両所松任本所(敷地外公道より撮影)
 ダイヤ改正が迫るなか、七尾線の415系800番代と北陸本線の475系に動きがあった。

 3月12日、415系800番代C01編成(茜色)と、475系A18編成+同A22編成(共に青単色)が、金沢総合車両所松任本所に入場しているのを確認した。共に3月10日~12日の間に相次いで入場したものと思われ、普段の検査などの状況とは違い工場棟建屋には入らず屋外留置されていたほか、475系は6連による入場だったとみられ、共に運用から離脱したものと思われる。

 このうち、415系800番代C01編成のクモハ車はWAU102クーラー装備、475系A22編成のクモハ車はAU12Sクーラー装備と、外観で空調装置に特徴ある車輌が双方の編成に含まれていた。

 なお、七尾線には現在413系が代走に入っている模様だが、ダイヤ改正後の仕業数次第では、413系が所定運用に仲間入りする可能性もある。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加